当クラブ会長からみなさまへのご挨拶です。

2019-20年度 クラブ運営方針

会長 松本勝志

 

「楽しいロータリークラブをめざそう」

2019-20年度の国際ロータリー会長のマーク・ダニエル・マロー二ー氏は、「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人々が手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。とされています。
また、クラブのあり方をより創造的かつ柔軟性をもって決めること、例会の方法や会員増強のアプローチ、地域社会とのより深いつながりなど変化を求められています。これにより会員に魅力を感じてもらい、積極的な参加を促すことができるでしょう。と仰っています。

普遍的なこと 〇「ロータリーの目的」
1.知り合いを広め・・・奉仕の機会とする
2.職業上の倫理基準を保ち・・・各自の職業を高潔なものに
3.日々、奉仕の理念を実践する
4.世界的ネットワークを通じ、国際理解、親善、平和を推進

〇「中核的価値観」…奉仕、親睦、多様性、高潔性、リーダーシップ

そして、重要視されていることは「クラブのサポートと強化」とされ、会員基盤の強化、戦略計画によるクラブの強化、活性化、そしてロータリー賞を目指すこと。
究極の願いはクラブ会員の増加、退会者ゼロ、楽しい、ためになる例会、全会員参加型の楽しい奉仕活動、そして楽しい親睦会など、「楽しいクラブ」にと述べられました。

私たち境港ロータリークラブはこの楽しいクラブを目指し、魅力あるクラブにしましょう。例会や奉仕活動も楽しめるよう工夫いたしましょう。未来委員会を発足し、クラブの強化、活性化を目指しましょう。

今年度の目標

  • 会員増強…2名以上の純増、女性会員の増強
  • 戦略計画によるクラブの強化、活性化
  • 全員参加型の奉仕活動
  • ロータリー賞の受賞
  • ロータリー財団と米山奨学会への支援

財団…年次寄付150$/1人、ポリオプラス寄付30ドル/1人
米山…普通寄付5,000円/1人、特別寄付10,000円/1人

  • ロータリーカードの普及…現状よりプラス5%